PUMA(プーマ)のR698とブレイズのサイズ感を他社スニーカーと比較

スポンサーリンク

プーマのハイテクラインが最高

この前、プーマが欲しいなと急に思ったんです。

先日アディダスとプーマの因縁についてまとめた記事を書いていまして、そういえば、学生の頃からアディダスばっかりはいてきたなと。特に理由があるわけではなく、アディダスならとりあえずハズさないからと言う理由だったと思います。そして、得に理由があるわけではなく、プーマは検討の遡上には上がってこなかったんですね。

しかし、最近自分の中でプーマ熱が高まっています。ディスクブレイズを始めとした超ハイテク系とスウェード、クライドなどの定番系の振り幅がすごいのですが、今回は特にハイテク系が欲しくなって来ました。

90年代の誕生当時から変わらないスタイル

スニーカーブームが巻き起こった90年代当時、プーマやリーボックと競い、実質的な勝者となったナイキのエアマックスは、インビガーやコマンドなど近代的な流行を積極的に取り入れ、モデルをアップデートさせ続けています。一方でプーマは、90年代の開発競争当時の色を強く残し、その頃からほとんどモデルを変えていないという意味で、もはやヴィンテージな味わいも醸し出しています。それこそがプーマハイテクの魅力です。

そして、履き心地。ハニカム構造を搭載した超厚手のソールと堅牢なアッパーはフィット感、着地の快適さともに抜群。結果的にボリューミーになったその姿は、インパクトも絶大です。

そんなプーマのハイテクラインで20年以上にわたりトップを走り続けているのが、R698とブレイズです。今回は、自分用を購入するために、実際にショップでフィッティングした感想を元に、他社とのサイズ感の違いを比較してみたいと思います!

R698&ブレイズのサイズ感チェック!

今回比較するのは、以下の5シューズ。いずれも、各ブランドを代表する一足で、ベンチマークとしては間違いないと思います。

そして、色々と履き比べた結果、自分のサイズとプーマサイズの比較がこちら。

比較対象比較サイズR698ブレイズ
adidas ZX70026.527.0(+0.5)27.0(+0.5)
New balance M99627.027.0(±0.0)27.0(±0.0)
Nike Internationalist27.027.0(±0.0)27.0(±0.0)
VANS ERA26.527.0(+0.5)27.0(+0.5)
OnitsukaTiger Tiger Alliance27.027.0(±0.0)27.0(±0.0)
OnitsukaTiger Mexico6626.027.0(+1.0)27.0(+1.0)

プーマのハイテクラインは見た目のボリュームに比べて、足型そのものは小さめの作りのようです。特に、幅がゆったりなアディダスZXシリーズなどと比べると、同サイズの場合の小ささが実感されます。

一方で、ニューバランスやナイキといった、細みのスニーカーとは比較的似ている形状のように感じました。

オニツカタイガーはモデルによって、サイズがまちまちですが、ローテクモデルを履いている人はプーマを買うなら少し大きめにすると良いと思います。

今回は最もベーシックなモデルで比べてみましたが、限定版コラボモデルや、ちょっと変わった素材を使用したモデルなどでは、若干のサイズ感の違いは出るかもしれません。

しかし、基本的な足型に大きな違いは無いと思われますので、是非このサイズ感を参考にしてみてください。

PUMA R698(プーマ R698)

[プーマ] PUMA スニーカー R698 360592 01 (ブラック/ホワイト/25.5)

PUMA Blaze(プーマ ブレイズ)

(プーマ) PUMA BLAZE OF GLORY LEATHER ブレイズ オブ グローリー レザー LEGION BLUE 358818-02 29.0cm

スポンサーリンク