【初心者必見】”ニューバランスデビュー”最初の一足のベストバイと賢い選び方とは?

ニューバランスの企業メッセージ

スニーカー初心者が最初に選ぶべきスニーカーは何を選べば良いでしょうか?

ナイキやアディダスももちろん良いですが、ニューバランスも忘れてはいけません。

町の靴屋でも手に入りやすい圧倒的な流通網だけでなく、数の少ない限定モデルや海外モデルなどバリエーションも豊富で、ハマると深い「沼」のような魅力があるのがニューバランスです。

今回は、ニューバランスデビューにあたり、最初に買うべきスニーカーについて考察してきましょう。

関連:[ニューバランス]M574・M576のサイズ感と選び方まとめ

スポンサーリンク

そもそもニューバランスはなぜ人気なのか?

ニューバランスの広告イメージ

スニーカーの代名詞的存在であり、熱烈なファンを持つニューバランス。まずは、なぜニューバランスが人の心を掴むのか、その魅力から紐解いて行きましょう。

1:徹底した履き心地へのこだわり

何と言っても履き心地が群を抜いています。元々、外反母趾の矯正靴からスタートしているため、足形の研究はどこよりも進んでおり、足の長さだけでなく幅まで合わせる「ウィズサイジング」やEVAソールをいち早く取り入れるなど、徹底した履き心地へのこだわりがすごいです。

2:細身でスタイリッシュな都会的スタイル

ニューバランスのスニーカーは全体的に細めの作りであることが知られています。その結果、服装を選ばず、色味にさえ注意すれば人によってはフォーマルなスーツにも合わせることができるほど精悍なスタイルに仕上がっています。

3:圧倒的な「N」のブランド力

最後は、やはり「N」の魅力です。ニューバランスのNロゴはスニーカー界のみならず、ファッション業界の一大ブランドです。熱狂的なファンも多く、ニューバランスだけを収集するマニアもいるほど。その存在感は他の追随を許しません。

       

ニューバランスを買う前に知っておくべき豆知識:
同じ型番で「M」と「W」があるのはなぜ?

ニューバランスの履きこなし

ちなみに、スニーカーを選ぶ前にこれだけは知っておくと役に立つ豆知識をお教えします。

ニューバランスの型番を調べていると、同じ数字なのに「M」と「W」があるものがあると思います。

これは、「M」が男性向け、「W」は女性向けのやや細めの作りになっています。ちなみに、「MW」となっているのは男女兼用と言う意味です。買う前に必ずチェックして失敗しないようにしましょう。

ニューバランスの最初の一足ベストバイ

絶対的定番エントリーモデル「M574」

[ニューバランス] スニーカー ML574(現行モデル) EGW(ニンバスクラウド) 24.5 cm D

ニューバランスの一足目と言えば、これが定番です。

手に入りやすさ、手頃な価格、ニューバランスのアイデンティティを体現した普遍的なデザイン、ENCAPソールの履きやすさとニューバランスの四原則と言える要素がしっかり揃った、ニューバランス沼への入り口と言える一足です。

       

スリムでスタイリッシュな街履きのベストバイ「M996」

[ニューバランス] スニーカー MRL996(現行モデル) メンズ AN(ネイビー) 24 cm D

オフロードスタイルで少しぽってりした「574」と比べ、町履き用にスッキリとスタイリッシュなレイアウトに仕上げてるのが「996」です。

カジュアルから軽いフォーマルまで最も汎用的に履きこなせるのがこの「996」。

そして、商品ラインナップの振れ幅も最も大きく、「574」と変わらない金額で買える廉価モデルから、海外製造の高価な輸入品まで「996」だけでもかなり深い沼が形成されています。

       

「雲の上を歩くようだ」と言われるニューバランスの最高傑作「M1400」

[ニューバランス] スニーカー M1400 メンズ SBスティールブルー US 6(24 cm)

かの世界的ブランド、ラルフ・ローレンの創始者ラルフ・ローレン氏がニューバランス「M1300」の愛好者であり、その履き心地を称して「雲の上を歩くようだ」と言ったという逸話があります。

M1300」は非常に人気が高い反面あまり再生産をせず、希少性が高くなっています。

今回お勧めする「M1400」はその「M1300」の後継としてニューバランスのフラッグシップを託された一足です。足入れした瞬間に感じる柔らかな触感は一度履いたらやみつきです。お値段は前の二つに比べると少し高いので、絶対に失敗したくない人向けの一足だと言えます。

       

完成度がハンパない!歩きやすさ重視ならコレ「MW880」

[ニューバランス] ウォーキングシューズ MW880(旧モデル) MB3マグネット/ブラック 24.0cm 2E

少し趣向を変えて、次にお勧めするのはウォーキングシューズモデルです。

こちらの「880」はただのおじさん向けのウォーキングシューズではなく、フィットネスを意識した高い機能性と疲れづらさが最大の特徴。

そして、見た目については一見幅広で垢抜けなくも見えますが、どことなくスティーブ・ジョブズが愛した「M990」の面影を残しており、ノームコアファッションのアクセントとしても使えます。とにかく歩き疲れを重視する方はこちらも是非選択肢に加えてください。

       

近年注目のコートシューズもラインナップ「CRT300」

[ニューバランス] スニーカー CRT300(旧モデル) MNブラック(MN) 23.0cm D

アディダスのスタンスミスや、ナイキのブレイザーなどに代表されるように、近年コートシューズに注目が集まっています。

ソールが主張しすぎないシンプルな見た目でありながら奥深い歴史が魅力ですが、ニューバランスのコートシューズといえば「CRT300」です。

他のモデルに比べると薄底でありながら、そこは流石のニューバランス。軽量性と衝撃吸収力に優れたRevLiteソールを搭載し、履き心地に妥協はありません。

       

ニューバランスデビューにぴったりの一足は見つかりましたでしょうか?

是非、ニューバランス「沼」にデビューしましょう!

スポンサーリンク