厚底シューズの「ホカオネオネ(HOKA ONEONE)」創業者がオススメする歴代人気シューズ4選

超極厚ソールとフワフワでマシュマロのような履き心地で人気の「ホカオネオネ(HOKA ONEONE)」。

シリアスランナー向けのランニングシューズらしいカラーリングとファッション性だけでなく、そのあまりにも極厚のソールを逆手にとってシークレットブーツ代わりに履く人も多いとか。

そんな「ホカオネオネ(HOKA ONEONE)」の創業者がインタビューで語っていた、歴代のシューズの中で特におすすめのシューズをまとめました。

スポンサーリンク

「ホカオネオネ(HOKA ONEONE)」の創業者って誰?

ホカオネオネはフランス発祥のブランドです。ブランド創設は2009年とまだまだ浅いですが、市場での注目度はトップブランド級です。

そのブランドを創設したのは、フランス人のジャン・リュック・ディアード氏(下)

ホカオネオネ創業者ジャン・リュック・ディアード

と、ニコラ・マーモッド氏(下)です。

ホカオネオネ創業者ニコラ・マーモッド

「ホカオネオネ(HOKA ONEONE)」の創業者はガチスポーツマン

ホカオネオネ創業者

創業者のジャン・リュック・ディアード氏とニコラ・マーモッド氏は、趣味の域をはるかに超えたガチのスポーツマンです。

どちらも、山道を高速で走破するスピードトレッキングをプロ級の強度で取り組み、数々の大会で入賞するほどの実力者です。

さらに、ニコラ・マーモッド氏はアルペンスキーでフランス代表候補にも挙がったことがあるほどの、「ガチ中のガチ」アスリートです。

そんなガチ勢だったからこそ、自分たちが欲しい機能を最大限に詰め込んだ夢のシューズ「ホカオネオネ」を生み出せたのです。

       

「ホカオネオネ(HOKA ONEONE)」の創業者がオススメする歴代シューズ

今回は、主にシューズの機能開発を担当してきたニコラ・マーモッド氏がとあるインタビューの際に回答した、歴代シューズの中でのお気に入りシューズをご紹介します。

ホカオネオネ「マファテ」

HOKA ONE ONE [ホカオネオネ] MENS' EVO MAFATE/メンズ EVO マファテ [1091575] 8.5inc(26.5cm),CCTRS

世界で最も厳しいと言われるレユニオン島の100マイルレースのコースの一部である「マファテ渓谷」から命名された、ホカオネオネ「マファテ」。

ホカオネオネ独自のスーパークッションミッドソールなど、オフロードの耐久レースを想定した機能を詰め込んだ、 レース仕様の一足です。

       

ホカオネオネ「ボンダイ」

[ホカ オネオネ] ランニングシューズ メンズ ボンダイ 6 BONDI 6 1019269 BOPV 26.5

ホカオネオネのシューズの中で最もクッション性を高めた一足。

アッパーはエンジニアードメッシュで通気性を高め、ソールはシリーズ最厚の厚みを誇るミッドソールを搭載。そんなアッパーはシンプルなのに、ミッドソールがポッテリという特異なルックスが、ダッドスニーカーブームに乗り女性にも人気を博すなど、予想外のヒット商品となっています。

       

ホカオネオネ「クリフトン6」

[ホカオネオネ] クリフトン6 ワイド NBLM US8EE(26.0cm)

2014年に登場した比較的新しいモデルでありながら、発売するや否や有力アスリートに次々と採用され、数々のアワードを受賞するなどホカオネオネを代表するシューズとなった「クレイトン」

ホカオネオネらしい柔らかい履き心地はそのままに、シリーズ最軽量の本体重量を実現し、オフロードではなくロードランニング用モデルとしてカスタムされています。

       

ホカオネオネ「スピードゴート2」

ホカ オネオネ トレイルランニングシューズ メンズ SPEEDGOAT 3 スピードゴート 1099733 EBLC 25.5

多くの100マイルレースで記録を保持する「カール・メルツァー」選手をインスパイアしたオフロードシューズ。

「どこにでも行こう、どこまでも走ろう」をコンセプトに、ホカオネオネ史上、最も厳しいレースを走破できる高性能を盛り込んだシューズ設計となっています。

       
スポンサーリンク