最高にジーンズに合うスニーカー「アディダス カントリー」の今更聞けない歴史と特徴

エディーマーフィーのアディダスカントリー
スポンサーリンク

1960年代リリースの大ベストセラー

映画「ビバリーヒルズ・コップ」のポスターでエディーマーフィーの足元を彩るアディダス カントリー

今見てもまったく色褪せないカッコよさですね!

スニーカー界隈では、2010年代以降、復刻ブームが加速し次々と過去の名作スニーカーが復刻リリースされました。

しかし、だいたいメインで復刻されているのは1980~90年頃の製品で、ランニングブームやハイテクブームの頃の作品です。アディダスでいえば、ZXシリーズやチュブラーなどのモデルがその時代の作品に当たります。

そんな中、アディダスカントリーはあまりの人気から何度も復刻されているとはいえ、1960年リリースのデザインを忠実に復刻した「レトロ中のレトロ」といえるスニーカーです。

       

アディダスカントリーの機能的特徴

アディダスカントリーは、元々は山道用のトレッキングシューズとして開発されたシューズです。そのため、当時としては最新技術である三層ソールを実装しています。

また、野球のスパイクなどスポーツ用途でよく用いられ、抜群の柔らかさと軽さを誇るカンガルー革を使っている点も特徴です。

そして、クラシカルなイメージをより強くさせるのは「ガムソール」です。肌色のゴムの風合いも味わい深いですが、つま先が少し巻き上がっているところあたりはトレッキングシューズの体裁を色濃く残しています。

>>アディダス オリジナルス カントリー(adidas originals country)

       

エディ・マーフィーが着用したことで大人気に

アディダスカントリー by pinterest

多くのハリウッドスターも愛用するこの「カントリー」

最も有名なのはエディー・マーフィーです。

「ビバリーヒルズ・コップ」の劇中で、リーバイス501とこのシューズを合わせたことで大人気になりました。

その着こなしが世界中で真似されたことで、今や「ジーンズに会うスニーカーの代表格」となっています。

さらに最近では、映画「ボヘミアン・ラプソディ」の中でフレディ・マーキュリーがアディダスカントリーに似たスニーカーでライブを行うシーンがあり、スニーカーファンを歓喜させました。

実は、実際にフレディ・マーキュリーが履いたスニーカーはアディダス「ヘラクレス」という、ボクシング用に開発されたブーツなので厳密にはカントリーではありません。

しかし、そのシルエットやカンガルー皮の柔らかそうな風合いはそっくりです。

>>アディダス カントリーのレビューやサイズをチェック!

       
スポンサーリンク