[スニーカーの洗い方]洗濯機でスニーカーを洗う方法!

スニーカーを洗濯機で洗う

スポンサーリンク

キャンバススニーカーを長く綺麗に履くための洗濯方法

軽い履き心地とどんなファッションにでもフィットする万能性が魅力のキャンバススニーカー。流行に一切流されないロングセラーとして君臨し続けているモデルが多いのも特徴ですね。

特にキャンバススニーカーの王者というべきコンバースのジャックパーセルは、ソラマメのような爪先のデザインがかわいいと評判で、男女問わず幹線に人気定着といった感じです。

そんな、キャンバススニーカーの大敵といえば雨。素材の特性上、水を吸いやすく、白スニーカーなどでは泥はねや黄ばみなどで汚れが目立ちやすいのが弱点となっています。買ったばかりの頃は美しい白だった色合いがたった数度履いただけでなんだかみすぼらしく・・・何てことも。

そんなキャンバススニーカーを手軽に洗える洗濯機用ネットがあるんです!
これを使えば、面倒な漬け置きやこすり洗いが不要に!

そんな、スニーカー専用ネットの上手な使い方をご紹介します。

関連:[スニーカーの洗い方]なるべく水を使わないスニーカーのお手入れ方法

まずは前提としての主張

基本的に、私はスニーカーは本来水洗いは極力避けるべきと考えています。
その理由は、スニーカーはその製造工程で接着剤が多く使われており、接着剤は水やお湯などで溶け出したり、洗剤と反応して色合いを損ねたりすることがあるからです。よほど汚れがヒドイ時に洗濯を検討することをオススメします!

今回使う専用ネットはこちら!

ファイン シューズ洗濯ネット ブルー FIN-290B

ネット自体が多重編みになっていて、衝撃を吸収し、洗濯槽を痛めないようになっています。他にも安いのから高いのまで色々あるので、お好きなものを使っていただいて結構です。

事前準備:靴紐をはずす

まずは靴紐を外しましょう!

まずは靴紐を外しましょう!

まずは、靴紐をほどいて抜き取りましょう。靴紐の穴はスニーカーの中でも強度が弱い部分なので、この工程は重要です。靴紐はかるく洗剤で手洗いしてあげれば十分綺麗になります。

アウトソールの泥を歯ブラシで落とす

ソールを歯ブラシで洗いましょう

ソールを歯ブラシで洗いましょう

ソールの泥は一緒に洗濯すると逆に汚れが広がることになりかねませんし、土が洗濯槽に残れば、次回の選択時にお気に入りの服に泥が!なんてことにもなるので、軽くをつけて使わない歯ブラシやたわしで落しましょう。

インソールが外れる場合は外す。

インソールを外しましょう

インソールを外しましょう

インソールが外れるスニーカーの場合は、外してから洗います。
外したインソールは一緒にネットに入れても良いですし、別で洗っても構いません。

あとは、ネットに入れて洗濯機で洗うだけ!

洗濯機に投入!

洗濯機に投入!

あとは、洗濯用洗剤を入れて洗うだけです。靴だけで自動で回すとだと水かさが少なく、洗剤が溶けづらいので、可能なら液体方の洗剤の方が良いと思います。水の量が調整できるなら気持ち多めに設定しましょう。脱水する際は長時間やると生地が痛む可能性があるので、時間は短めに!乾燥機能はNGです!

洗濯が終わったら風通しの良い日陰で干します

スニーカーの干し方

スニーカーの干し方

風通しの良い日陰というのは割りとポイントなので、守るようにしてくださいね。ゴムなどは直射日光で劣化することがありますので。靴の中は古い新聞紙などを入れておくことで、早く乾きます。

お気に入りの靴がひどく汚れてしまったときは、気軽にネットで洗濯機洗いを検討してみてください!

スポンサーリンク