サブ4を狙う中級ランナーが本買うべきマラソンシューズの選び方【メーカー別】※随時更新

ランニングやマラソンで走ることに慣れ、持久力にも自信が持ててきた。そして、今後、さらに速いタイムを目指してみたいという方の目標になるのが、サブ4です。

大会で上位を狙ってしまうような本格レーサーほどではないものの、少しでもタイムをよくするために性能の良いシューズにチャレンジしたいと思うのがちょうどこのレベルのランナー。そして、トレーニング用とレース用のシューズの使い分けなどをし始めてしまうのも、中級者の特徴であるといえます。

サブ3向けシューズの回でもふれたとおり、ランニングは野球などの道具を使うスポーツとは異なり、己の肉体とウェア、そしてシューズだけで行うスポーツです。シューズ以外に「ギア」と呼べるグッズがないシンプルな競技だけに、シューズ選びは記録選びであると言っても過言ではないのです。

スポンサーリンク

マラソンシューズの選び方

マラソンシューズの分布
価格別マラソンシューズの分布

マラソンシューズはブランドにより価格帯は違うものの、概ね価格と性能は比例します。

プロ仕様のレースシューズを初心者が履いてはいけないというわけではありませんし、履いたからと言ってケガをするということもありませんが、正しい走り方が身についてないうちは、ソールの擦り減りに偏りが生まれ靴が早くダメになったりします。

そのたびにシューズを買い替えるのもコストばかりがかかることになってしまうため、自分のレベルや懐事情にあったシューズを選ぶことが大切です。

中級者であれば、練習用は一万円以内。レース用は一万円を少し超えるくらいを目安にすると、お財布的にもちょうどいいレベルのシューズを選ぶことができるでしょう。

ランニングシューズはネット購入がおすすめ!

私はランニングシューズは特にネット購入をオススメしています。

その理由はズバリ値段です。

ランニングシューズは「消耗品」」です。特に日々使う練習用のシューズは毎日のランニングでソールの摩耗が激しく、トラックや土のグランドを走る部活生ならまだしも、街中のアスファルトを走る一般ランナーのソールはさらに激しくしょうもします。こういった見た目以上にお金のかかる趣味であるランニングを楽しく続けるためには、性能が良くてテンションの上がるシューズを安く手に入れる必要があるのです。

以下でオススメしているランニングシューズを見てもわかる通り、アマゾンや楽天などでもほとんどの商品が低下以下で流通していることがわかると思います。ですので、店頭で試着して大体の足型を把握した後は、ネットを活用して安く欲しいものを手に入れましょう。

ランニングで心とお金を消耗しないために、賢い買い物を心がけましょう。

【メーカー別】サブ4ランナーにお勧めのランニングシューズ

今回は各メーカーが出している様々なランニングシューズの中から、サブ4向けのシューズを独自にピックアップ。本当に買うべきサブ4向けのシューズをご紹介します。

今年こそ好記録に挑みたいランナーの方必見です。

アシックスのサブ4向けシューズ

[アシックス] GEL-DS TRAINER 23

[アシックス] ランニングシューズ GEL-DS TRAINER 23 メンズ ディープアクア/ネオンライム 24.5 cm

アシックスはランナーの走法によってシューズを作り分け、あらゆるランナーに最適なシューズを提供できるようなラインナップとなっています。

その中でこちらのGEL DS Trainerは蹴り出す力の強いストライド走法に適したシューズです。ミッドソールのFlytefoamという新素材が着地の衝撃を吸収し、膝やかかとを保護します。

[アシックス] GELFEATHER GLIDE 4

[アシックス] ランニングシューズ GELFEATHER GLIDE 4 (旧モデル) チェリートマト/シルバー 27 cm

一方こちらは、同じアシックスでもフラット走法に最適化されたシューズ。比べてみれば一目瞭然ですが、ソールが土踏まずも含め一体成型になっており、ミッドフット走法でペタッと走る人に向いた作り。

左右非対称のシューレースはデザイン性だけでなく、優れた足入れ感とフィット感を生み出します。

ミズノのサブ4向けランニングシューズ

[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブエアロ 17

[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブエアロ 17 ワイド(現行モデル) メンズ ネイビー×イエロー 27.0 cm 3E

エンジョイランニングから記録を目指すランニングへ本格的に移行していく方におすすめの一足。

アッパーに通気性抜群のエンジニアードメッシュという特殊素材を採用。ソールに配置されたミズノウェーブという独自機構が長距離走行のダメージを確実に軽減します。

アディダスのサブ4向けランニングシューズ

[アディダス] adizero Japan 4

[アディダス] ランニングシューズ adizero Japan 4 m メンズ コアブラック/ランニングホワイト/コアブラック(B37312) 27 cm

他社に比べスッキリとしたデザインながら性能は抜群。2014年にはこちらと同モデルが世界記録を樹立するなど、実力は折り紙付き。世界展開のモデルを日本人の足型に合わせてアップデートした、本格デビューに最適の高性能機です。発泡スチロールのようなBOOSTソールが衝撃吸収とハイスピードを両立します。

ナイキのサブ4向けランニングシューズ

[ナイキ] エアズーム スピード ライバル 6

ナイキ(NIKE) エア ズーム スピード ライバル 6 ワイド(グレイシャーブルー/ジムブルー/フォトブルー/ブラック) 880554-400 400 グレイシャーブルー/Gブルー 23.0cm

本格レーシングへのステップアップとして発売されたのがこちらのエアズームスピードライバル。ミッドフット走法向けの一体成型されたズームソールが生み出す独自の推進力が特徴です。かかとのフィット感が良く、長距離走ってもズレが少ないのも特徴です。

ニューバランスのサブ4向けランニングシューズ

[ニューバランス] FRESH FOAM ZANTE(フレッシュフォーム ザンテ)MZANP

New Balance(ニューバランス) ランニングシューズ メンズ MZANPDO ブルー(DO) 25 cm D

フレッシュフォームの名が表す通り、最近はやりの分厚いフォームドソールがインパクト抜群の一足。さらに、透明なアウトソールが視覚的にもグリップ的にも存在感を放ちます。フィット性の高いニットソールなので、ファッション性も高く、普段使いも行ける万能選手です。

プーマのサブ4向けランニングシューズ

[プーマ]Speed 500 IGNITE

[プーマ] ランニングシューズ Speed 500 IGNITE トゥルー ブルー/ブライトプラズマ ホワイト 28.0(28cm) (旧モデル)

プーマが誇る高速モデルの一つ。こちらも最近はやりのミッドフット走法に合わせた一体成型のソールを採用しています。各社独自の進化を見せるソールにはプーマ独自のイグナイトソールを採用しています。

気分新たに高性能のギアを手に入れて、今年こそ新記録を達成しましょう!

スポンサーリンク