何故か人気爆発!シャワーサンダルが大流行している理由を考察してみた

ナイキのベナッシ

スポンサーリンク

今年の夏、シャワーサンダルが大流行の兆し?ダサいのに何故!?

今年の夏、シャワーサンダルがキテいるそうです。

シャワーサンダルとは、海辺で海水浴を楽しむ方にはお馴染みのサンダルで、かかとのホルダーや鼻緒のないごくシンプルなサンダルです。

一見するとトイレのサンダルのような見た目ですが、これがオシャレに敏感な若者の間でカワイイと話題になり、大ブレーク間違い無しなんだとか。実は高感度な人達は昨年から注目していたようなのですが、メーカー側もまさか流行ると思っていなかったようで流通量が少なく、本格的なブームは在庫が充実する今年からとなるようです。

ただ、一見普通のシャワーサンダルがなぜ今流行るのか意味が分かりませんよね。
そこで今回は、その理由を考察してみたいと思います。

海外セレブやファッション誌、ZOZOTOWNの影響

トップモデル&シャワーサンダル

今回の異様な盛り上がりを考察する上で、ファッションリーダー達の影響は無視できません。シャワーサンダルにおいても、靴下を履いた上にサンダルを履くという上級者スタイルで、それまで浜辺に限られていた商圏が一気に裾野の広い街履き市場に拡大しました。

例えば、、、こんな感じとか

靴下とシャワーサンダル

値段の安さ=選びやすさ

[アディダス] adidas ADILETTE 28802200 (アディブルー/ホワイト/アディブルー/26.5)

それに加えて値段の安さも重要です。

シャワーサンダルは定番の黒だけでなく、カラーバリエーションも豊富ですし、大きなメーカーロゴが入った商品や柄物など種類が豊富です。それらがとれも千円〜三千円前後で手にはいるわけですから経済的ですし、その日の服装に合わせたコーディネートも容易です。これはスニーカーではできないサンダルならではの楽しみ方なのかもしれません。

絶妙なダサさ=ハズし感

ケイティペリーとアディレッタ

最後にもっとも重要なのはかのダサさです。よ〜く冷静に見てみてください。

白靴下とサンダルの取り合わせ。絶妙にダサいんです。
しかし、ダサさは理解して着こなせば、かわいさに化けるんです。

近年のリバイバルブームなんかもその一つです。80年代に流行し、一度廃れダサいと言われた商品が近年再び脚光を浴びてます。

シャワーサンダルも同じです。一度ダサいことを認めた上で、その先にある愛らしさのようなものに気づいた上級者(ファッショニスタ)が再び火をつける。

それはかつてダサいスニーカーの代表格だった「アディダススタンスミス」をモデルの梨花さんが着用して人気に火をつけたように、ハズしという新しい価値が見いだされた結果なんだと思います。

まとめ

シャワーサンダルはダサいです!

ダサいですが、ダサいことを理解してハズシアイテムとして使う分には、これ以上無い素材であることは間違いないです。その上、ハリウッドセレブを中心にリラックスの場だけでなく、フォーマルにも合わせるなど、裾野はどんどん広がっています。

ダサさ×安さ×セレブ

流行の三大要素が揃った今、まさに旬を迎えているといえそうです。

シャワーサンダルの定番ピックアップ

スポンサーリンク