【調査】リーボックのGL6000とGL3000の違いって何?問い合わせて直接聞いてみた

玉置ティナとReebok GL3000

スポンサーリンク

人気急上昇のリーボックGL3000とGL6000の違いって?

四月上旬、会社の後輩からこんな相談を受けました。

「そういえば、サトウさん、スニーカーのこと詳しいですよね?」
「まあ、別に詳しくはないけど、相談にはのるよ。」
「リーボックのスニーカーが欲しいんですけど、GL6000と GL3000って、何が違うんですか?同じじゃないんですか?」
「あ〜、あれは・・・?確かに、何が違うんだ?」

というわけで、言われてみれば確かに似ているGL3000とGL6000。

GLは「Go Light」の略で、どちらもスポーティな見た目と軽量性、そして人とかぶりづらい点などで人気が急上昇しているスニーカーですが、ちょっと安い3000と高くて高品質っぽい6000。具体的に違いはどこにあるのでしょうか?

メーカーの説明ではどうなっているの?

REEBOK CLASSICS CL 6000 (GRAVY)

まずは、メーカーサイトの説明を比べてみます。

GL6000の商品解説

Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)スニーカー。

1985年に登場した軽量性、安定性に特化し、シリアスランナーに愛されたGL6000。サポート性やプロネーションを防ぐよう設計されたヒール構造、部分的に配した2層の異なる硬度を持つミッドソールによるクッション性と着地時・蹴り出し時の安定性を確保、更には屈曲性及び正確な足の運びを可能にするFlex waveを採用した当時のトップランニングモデル。

GL はGo Light の頭文字であり、名の通り軽量性と共に軽快に走るランナーをサポートする1足として誕生。

GL3000の商品解説

Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)スニーカー。

スエードとナイロンのコンビネーションに加えてヒールにはリフレクターを施したGL 3000。流行のレトロランニングのシルエットを踏襲しつつアッパーには落ち着いた配色で表現。幅広いシーンでも着用可能なモデルとなっている。

どちらも「Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)」というラインだということはわかりましたが、いまいちピンとこないですね。GL6000の方が本格的なランニングモデルだということでしょうか。

もっと詳しく知るために、実際に問い合わせしてみた!

説明を読んだだけでは、ちょっと腑に落ちないことが多かったので、ここは一つ突撃取材!

リーボックの問い合わせ窓口に直接問い合わせをしてみました。
ちなみに、リーボックは2005年にアディダスに買収された関係もあり、最終的な問い合わせ対応はアディダスと同じところにメールが飛んでいるようです。

問い合わせ内容

GL3000とGL6000の違いを詳しく教えてください。

そんな質問メールを4月の上旬にリーボックの問い合わせ窓口に対して送ってみました。それから、回答がいただけるまでなんと3週間。リーボックの中でもかなり揉めたのでしょうか。

リーボックの回答

サトウ ツトム 様

この度はReebok ONLINE SHOPをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
また、ご案内までにお時間を要しましたことお詫び申し上げます。

お問合せ頂きました【GL3000とGL6000】の違いについてですが、どちらもクッション性、安定性、軽量性に優れたモデルとなっております。

機能面ではありませんが大きな違いとして、GL6000は1985年当時にトップランニングモデルとして実際にランニングシューズとして着用されていたモデルでございます。

尚、素材につきましてはモデルにより異なっております為、商品販売ページの【商品の概要】をご確認頂ければ幸いです。

お問合せ頂き、ありがとうございました。

より1985年のオリジナルに近いGL6000とファッション性重視のGL3000

[リーボック] REEBOK GL 6000 M42932 M42932 (ペルシャブルー/スチール/ホワイト/ブラック/25.0)

つまり、話を総合すると、機能面や素材の面ではそんなに大きな差はないものの、微妙なスタイルの違いで、GL6000の方が1985年から実際にシリアスランナーに着用されたオリジナルモデルということのようです。

そして、GL3000はGL6000をベースにしながら、レース仕様ではなくカジュアルさを強めたアレンジをしているとのことのようです。

1985年のオリジナルテイストを意識したい人は、GL6000を。よりカジュアルなのが欲しい人はGL3000ということのよう。

ぜひ、ご参考に!

スポンサーリンク